ミラココア 触媒劣化

ダイアグ エラーコード

今回は、ダイハツのミラココアがエンジンのチェックランプ点灯で入庫しました。
早速、診断してみると、エラーコードP0420 触媒劣化
ダイハツは、ミラココアやタントなど、この辺の故障が多々あるみたいす。

作業前にエラーコードは消去しておきます。

作業内容

まずは、バンパーを外していきます。
正面上部の4か所のクリップとナンバー裏に一か所クリップが有りますので、そちらを外します

下側は6か所クリップが有ります。

そして両サイド3か所のクリップを外し、ライナー裏からフォグランプのカプラを外し
バンパーを取り外します

バンパーが外れたら、ホースメントを外します

こちらの元位置がわかるよに印をしてからボルト2本の緩め外します

つぎは、触媒上部のO2センサーを外します。

今回は、2か所のO2センサーも交換していくのでフロントパイプに付いているO2センサーも外します。

次はEXの遮熱版を外し、EXマニ本体を外します。

排気側は、結構錆びついてボルとナットが外れてこないので、ラスペネを予め添付して置くと良いです。

created by Rinker
ワコーズ(Wako's)
¥2,222(2023/02/03 18:22:23時点 Amazon調べ-詳細)

ラスペネのおかげか、あっさり緩んで取り外しが出来ましたね。

EXマニのガズケットを外すし、エンジン側の取り付け部分も掃除しておきます。

こんな感じ

組み付け

掃除が終わったら、ガスケットを取り付け、逆手順で組み上げていきます。

フロントパイプ側のガズケットも交換取り付けします。

組み上げ後、O2センサーのどうか確認をし、動作正常!エラーコードも確認完了で完成です。