【キャリー】DA63T メンテナンス

今回はキャリートラックのフロントブレーキパット、ファンベルト、プラグの交換です。

プラグ交換

助手席シート下にアクセスして、カバーのボルト4本とホースステーも邪魔になるので、ステーのボルト1本も外して置きます。

ホースステーは中央の赤〇部分ではなく、ステー中央の赤〇より左側の取り付けボルトになります。

続いて、10mmのボルトで留めてあるダイレクトコイルを外して、プラグを外していきます。

走行は92000キロほどでこんな感じです。

新品プラグにスレッドコンパウンドを添付して交換していきます。

ブレーキパット交換

タイヤを外したら、キャリパー裏部分の14ミリのボルトを外します。

キャリパーが外れたら、キャリパーのピストンを広げてから、パットを交換していきます。

created by Rinker
ストレート(STRAIGHT)
¥2,300(2024/05/27 09:15:28時点 Amazon調べ-詳細)

こんな感じで、左右とも交換完了したら、ブレーキフルードのタンクの量を確認して置きます。
今回はタンク内のフルードの抜き替えもしました。

ベルト交換

先ずは、リフトアップをしたらアンダーカバーを外し、ACベルトとダイナモバルトを外していきます。
ACベルトは、運転席シート下から、調整ボルト1本、下側からコンプレッサー取り付けバルト2本を緩めて外します。

ダイナモベルトは、画像中央の赤〇部分の調整のテンショナーのボルトを緩めて外します。

どちらも結構ベルトが痩せてましたね。

交換後、張り調整をして取り付けたら完成!