ハイエース リアスピーカー増設

200系ハイエースあるあるですが、リアスピーカーが荷室の後ろの方に付いているので、音が聞こえにくい、セカンドシートに座っても音楽が楽しめない・・・・なので、
今回はハイエースの天張りにリアスピーカーを増設します。

使用スピーカーはこちら!

created by Rinker
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥4,544(2022/12/07 06:22:51時点 Amazon調べ-詳細)

取付作業

今回、パイオニアのTS-G1010Fを使用して取り付けていきます。
付属部品は、本品、配線、取り付け金具、保証書などあり


先ずは商品は入っている箱の裏側に型取り用のミシン目が有りますので、こちらを切り取っていきます。

型が取れたら、車両の取り付け部分に養生テープなどを貼り、先ほどの方をあて位置を決めてマーキングします。

反対側も同じように位置決めしていきます。

型が決まれば、早速カーターなどで切り込みを入れていきます。

ザックリ行くと後戻り出来ないので、身長に型に合わせて切っていきます。

右が出来たらお次は左側

穴が空いたら、針金などを使用して配線を通していきます。

取付位置の穴あけを忘れていたので、ここでドリルを使って5mm程の穴をあけていきます。

穴あけが終わったら、ここも、針金を使って、内貼りを外さずに配線を通していき、助手席のAピラーまで配線を引きこみます。

助手席側の内貼りを外していきます。

すると、配線の束が有るので、こちらをカーターなどで開いていくと、中にリアスピーカーに繋がる配線が有るので、そちらから天張りスピーカーの配線を分配します。

この中に、リアスピーカーの配線があり、そこから分配しますが、
右側のスピーカーは赤と白の配線で交差している配線が有るので、赤がプラス、白がマイナスになります。
左側は、黄色と黒の配線が交差している配線が有り、黄色がマイナス、黒がプラスになります。

今回は、中古のツイーターの余りが有ったので、そちらも同時に結束しました。
私はギボシを使わずに配線を剥いてハンダ処理して取り付けしました。

フロントの配線が終わったら、リアのスピーカーの付属の配線を通した配線にギボシ端子を付け取り付けします。 付属の配線は白がプラス、白黒がマイナスで結束!

配線処理が終わったら、組み上げる前に、ここでオーディオを鳴らしスピーカーが鳴るか確認してください。

問題無ければ、付属の取り付け金具を四隅の4つ付け、スピーカーカバーの網の部分でだけ外して、スリーカーを取り付けます。 四隅の取り付け金具を取り付けている所の画像が撮れていませんでしたので、すいません

あとは、網を取り付け完成です!

天張りから音が降ってくる感じで良いですね~~~~
これはお値段も安いし、取り付ける価値はありますね!