ミライース LA300S

今回はミライース LA300S 約10万キロ走行の車のメンテナンス&整備です。

エアコンフィルター交換

まずは、助手席のグローブボックスを開き、そのまま手前に引っ張るとボックスが外れます。

ボックスを外すと中にフィルターケースの蓋を開けフィルターを取り出します。

結構汚れていますね。これを交換して逆手順で組み上げ完了です。

エアーエレメント交換

こちらは、エンジンルームにあるエアーフィルターカバーを開け画像の様に、簡単に交換できます。

タイロッドエンドブーツ交換

次はタイロッドエンドブーツの交換です。

14mmのナットを緩めて、専用工具で画像の様に外します。

created by Rinker
ストレート(STRAIGHT)
¥3,250(2022/12/07 05:34:53時点 Amazon調べ-詳細)

タイロッドエンドが外せたら画像の様にマイナスドライバーなどでブーツを外していきます。

プライヤーなどでブーツを破らない様に気を付けてゆっくり順にハメていきます。

こんな感じでハマればOK。後は組み上げます。

プラグ交換

プラグの後半は、エアクリーナー前のこのダクトを外します

初めにこのクリップを外します。

次は右側を上に引っ張る様に抜けは画像の様に付けますのでダクトが外せます。

次に、カプラを抜いてダイレクトコイルを外します。

プラグをプラグレンチで外します。

LA300Sはイリジュウムプラグを使用します。
部品はこちらです。

比較は10万キロ近く走行した取り外したプラグです。

いつものように、焼き付き防止のスレッドコンパウンドを添付して取り付けていきます。

プラグ取り付け後、逆手順で組み付け完成です。