「タントカスタム/L350S」

アイドリングも安定せずエンジン不調、低速で加速していかない、加速が悪いとの事
点検確認してみると点火不良のようです。
ダイレクトコイルが1つ不良でしたので、ダイレクトコイルとスパークプラグを同時交換していきます。

交換作業

交換は簡単なので、先ずはエアクリーナーボックスを外しダイレクトコイルを外します。

エアクリーナーBOXを外したら、10mmのボルト3本外しコイルを抜きます。
今回は1番のコイルが不良でしたので、これを交換!
ダイレクトコイルはネットの格安商品は粗悪品も多いのですぐ壊れるのも有りますから、
NGKやデンソーなど有名メーカーの物が安心出来ますからおススメです。

created by Rinker
日本特殊陶業(NGK)
¥6,902(2022/12/06 20:20:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

そしてスパークプラグを17mmのソケットで3本外し交換します。

スパークプラグはこんな感じ

新しいプラグは焼き付き防止にスレッドコンパウンドを添付して取り付けしていきます。

エンジン始動で確認とテスト走行!
問題無く調子良くなりました。作業完了!